松山大学自転車同好会【双輪会】

日々の活動や予定をUPしていきます^^

当ブログを閲覧いただきありがとうございます

松山大学の双輪会です。

2015年から愛好会として認められ、2016年現在はサークルへ無事昇格することができました!

普段は、他大学交流でのサイクリング活動や、大会に向けての練習を行っています。

学内外問わずメンバー募集しています^^

サイクリング仲間がほしい方、自転車に興味のある方、気軽に連絡してください!!

多くの人とたのしく走りましょう(*'▽')

Vルート 前半

みなさん、こんにちは。大岡です。

 

9月24日25日に愛媛大学サイクリング部主催で行われたVルートの記事をUP致します。

 

はてVルートとは??

愛大サイクが毎年9月下旬に開催しているサイクリングイベントであり、愛媛大学を出発して高知駅、徳島をかすって香川の善通寺から愛媛大学に戻るという非常に変態チックな長距離ライドです?

その距離なんと360キロ!!!!!

それを24時間以内に走りきろうという企画です??

 

松山大学からは僕とジャイアント青木が参加致しました。

 

 

ちなみにその日は僕の20歳の誕生日だったのですが、愛媛大学正門に19時集合ということで朝からVルートに向けて準備をします。そして昼寝をして夕方に青木と合流していざ、愛媛大学へ。

まあこんな誕生日もありかな??笑

 

しかし出発は21時なので2時間もの間、愛大サイクの部室にお邪魔して時間を潰します。そこには当然、愛大、香大クロワジエールのメンバーがおり、いつものように談笑します。(愛大の部長を中心に松大双輪会部長のモノマネが非常に盛り上がってました。?笑笑)

 

なんだかんだで時は過ぎ、正門前に集合します。そこでスペシャルゲスト、松大部長たいとさん!!!

f:id:matsuyamac-sourinkai:20161006163158j:image

部長の登場で士気が高まり、

多少グダクダ間もありましたが

21時を少し過ぎていざVルートスタートです!

f:id:matsuyamac-sourinkai:20161006163301j:image

(誕生日祝って下さった方々ありがとうございました。)

 

 

18人くらいが一斉スタートします。僕は後方に位置していました。当然18人が一緒に走れるわけがなく信号で二組に分かれます。後方グループになった僕は松大の青木と共に集団を引っ張ります。すると後ろから愛大サイクのマッスルに猛烈なスピードで追い抜かれました。レースだと追いかけますが、超超ロングライドなので一定のペースを守ってスルーします。

 

三坂峠(12キロ)の入り口まで行きますが前方グループは見当たりません。しかし僕と青木は多少山に自信があったので、三坂で徐々に抜いて行くかと話し、三坂でペースUPします。そのせいで集団は崩れ、ここからは2人旅かと思ったところにクロワジ1回生2人と愛大1回生1人が僕らについてきました。いや〜感心です。僕らが1回生の時より断然速いですから。。。そしてペースUPした5人は前方グループの千切れた方を抜いて三坂峠をグングン登ります。残り1キロで5人はよりペースUPして、青木が飛び出します。それに僕がついていき、本当にこれから360キロ走るのか?と思う程のオーバーペースで三坂峠を登り切ります。(集団崩してごめんなさい。)

 

f:id:matsuyamac-sourinkai:20161006165209j:image

山頂で補給食を取り休憩します。

僕は三坂峠でかなり消耗しましたが、補給食である程、回復しました。?

そして各自のタイミングで高知駅に向けて出発します。

 

愛大サイクの川井さん、こーじ、松大青木らが先頭集団として先行します。

 

後方に僕と愛大マッスル香大岡野さん、後に合流したゆうじゅうさんで先頭を追いかけます。三坂峠の下りをマッスル中心に異常なペースで走り、先頭に追いつきます。僕もこのメンバーならすぐに追いつくだろうと思いながら、この時はハイペースを楽しんでいました。ゆうじゅうさんにオーバーペースすぎると注意されても平坦のマッスルの鬼引きは変わりませんでしたね。??僕も必死で引きました。?

 

高知駅に行く道中、10人くらいの集団ができますが、登り基調で青木が集団クラッシャーとなりメンバーが削られます。笑 去年のたいとさんの意思を受け継ぎました。?

僕と青木からすれば普通のペースだったので、松大は山で強くなったのかな。笑

そこからは僕と青木、ゆうじゅうさんとマッスルの4人で高知駅を目指します。ポツポツ雨が降っておりましたが、ペースも落ち着き、30㎞ちょいでローテーションしながら走ります。

多少のアップダウンを乗り越え深夜1時30分頃に高知駅に到着します。

f:id:matsuyamac-sourinkai:20161006171201j:image

高知駅では、非常に強い雨が降っていました。?また、ここがゴールかという程に疲労していましたね。(笑)残り240キロあるにも関わらず脚がパンパンでした。(笑)それほどハイペースだったのかな。wしかしこれから走った道のりを振り返っても後悔はありません。なぜならハイペースが楽しかった。。。

 

f:id:matsuyamac-sourinkai:20161006171640j:image

後続グループも到着して補給食をもさぼり食べて休憩します。(ここでも部長のモノマネがあったような、、笑)愛されてます。

 

そして雨は降っておりましたが、次の香川県善通寺に向けて、ゆうじゅうさんとこーじが先にスタートします。

 

後に10人以上の大集団が高知駅を出発。最初僕がゆったりとしたペースで集団を引きます。 

看板を確認して香川方面へ。(32号線)先頭を青木に任せ僕は集団後ろへ下がります。 しばらく平坦を走っていると高知から徳島へ向かう道中で最初の峠へさしかかります。(10キロくらいの峠)

 

山といえば双輪会と言わんばかりに、峠が始まると集団後方にいた僕が先頭に行き、青木とともに引っ張ります。後ろを振り返ると集団がバラけています。申し訳ないと思いつつ、山は個人の実力差が出るので仕方ないと割り切り、登ります。この時点で残っていたのは僕と青木、愛大マッスルと1年1人、クロワジの1回生2、3人くらいだったかな。。

 

そしてしばらく登っていると青木がアタック。それにクロワジの1回生上村君らが必死について行きます。クライマー青木にはプライドと意地があったのでしょう、、(笑)後輩を引き離すために何度もアタック。。。しかにそれについて行くクロワジ1回生の大森君と上村君。さすがです。ちなみにこの時点で僕は少し離されてました。笑 当時僕は青木がアタックしたとは知らず、僕のペースが落ちて離されたと勘違いしていました。しかしさすがの青木健志。? アタックを頻繁に行い、上村君を引き離します。(お前、先輩だろ。。。)ごめんね上村君。青木はそういう奴なの。笑 そして僕は先頭に追いつき、青木、大森君と共に峠を登りきりました。??

 

青木のペースについていった大森君は強すぎです。ゴリゴリです。笑 ちなみにヒルクライム(ロングライド)最中はザーザー降りの雨との戦いでもありました。ホント過酷です。。。しかしそれが自転車の面白みでもあります。?

 

 

てな感じで3人は雨の中、峠を下って行きます!

 

 

 

ここまでが前半ね。後半は噂のジャイアント青木に任せます?面白い記事期待してるよ、よろしく〜!!!

 

 

 

後半へ続く、、、